ビールベースカクテル

【ビールベースカクテル】プロの作ったシャンディガフを飲みました!

shandigafu

どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。
今回の記事では、ビールベースカクテル「シャンディガフ」について書かせて頂きます。

Red Eye
【ビールベースカクテル】レッドアイを美味しく飲むために…どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。 この記事では、ビールベースカクテルを実際にプロに作ってもらい、レビューをお届けするの...

以前、上記のビールベースカクテル「レッドアイ」について書かせて頂いた時にご紹介した、スタンダードBar「ザ・バーフライ」さんに、また飲みに行って来ました。

Bar「ザ・バーフライ」さんに撮影協力頂きました。

ザ・バーフライ食べログより

tel078-322-3480

◆ビールベースカクテル「シャンディガフ」とは

shandigafu学生時代からよく飲んでいたカクテル…(笑)
ざっくり言うと、日本ではビールとジンジャーエールを半々で割るだけのお手軽カクテルと言えるでしょう^^

イギリスでは、一般的にはジンジャーエールではなくレモネードを使うそうです。※このレモネードは日本で言うサイダー

ドイツでは、南部で「ラドラー」・北部では「アルスター・ヴァッサー」
フランスでは「パナシェ」と呼ばれているとか…でも、レモネードか透明な炭酸飲料で割るらしいので、ジンジャーエールは日本だけかも?

◆ビールベースカクテル「シャンディガフ」レシピ

shandigafushandigafuわたしではなく、プロのバーテンダーさんに作ってもらいました。ゆっくりビールを注いでいきます。

 

shandigafu半分注いだら、泡が落ちつくのを待って、ジンジャーエールを注ぎます。

shandigafu注意点は…

  • ビール・ジンジャーエール共よく冷やしておく事
  • ビール➡ジンジャーエールの順で(泡が立ちすぎる為)

shandigafu(*´▽`*)完成です。横は相方が飲むホットカクテルです^^

◆ビールベースカクテル「シャンディガフ」レビュー

では、頂きま~す!shandigafu(*´▽`*)学生時代を思い出す~♬
学生時代…まだビールの苦みの旨さがわからない時には、ビール本来の苦さがジンジャーエール薄められ・少し甘く仕上がるので、飲みやすかったのでしょうね。

お酒は究極の嗜好品ですから、ビールの味は好きだけど苦みが…なんて人にはちょうど良いですね。あとは、たまに目先を変えたい時に飲む感じかな?

すっかり、ビールおじさんになったおしょぶ~には必要なさそうですね(笑)。shandigafuあと、以外だったのは「チョコレート」の肴とはマッチングが良かったです^^

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/