アサヒ

アサヒ生ビール(通称 マルエフ)復活再発売レビュー!(感想)

アサヒ生ビール(通称 マルエフ)(オリジナル写真)

2021.11.25 再編集

どうも、呑み助調理師のおしょぶ~^^/です。

今回の記事では、昭和おやじには懐かしい「アサヒ生ビール(通称 マルエフ)」が復活販売すると言う事で、さっそく飲んでみましたので商品情報とレビューをお送りします。

アサヒビールは、現在「生ビール」では販売NO1企業ですが、倒産の噂が出るほどの低迷期がありました。

それを救ったのが「アサヒスーパードライ」と言うのは有名な話ですが、その前に地下に潜った様な状態だったのを、まず平地位まで押し戻したヒット商品がこの「アサヒ生ビール(通称 マルエフ)」です。

このアサヒ生ビールからの流れで、アサヒスーパードライが出て来て大大大超ヒットになった為、まぁ席を譲る様な形で一般向け缶は終売となりました(飲食店向けは残る)。

それが、復活!と言う事で楽しみでしかありません^^ふふ。

生ジョッキ缶 アサヒ スーパードライの外見
アサヒ スーパードライ【生ジョッキ缶】レビュー!(感想)※今後の発売予定 2021年12月21日・2022年1月25日・2月22日#生ジョッキ缶 #レビュー #スーパードライ 2021.04.07 2021.11.28 再編集 どうも、呑み助調理師のおしょ...

◆アサヒ生ビール(通称 マルエフ)

アサヒ生ビール(通称 マルエフ)のイメージ公式サイトより

 

※いつまで観れるか分かりませんが、オリコン公式動画で可愛いガッキーと(笑)、商品のイメージを観て頂きましょう。

(*´▽`*) ガッキーww

アサヒ生ビール(通称 マルエフ)(オリジナル写真)

では、アサヒさんの公式ニュースリリースをご確認頂きましょう。

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は“マルエフ”の愛称で親しまれ、現在は飲食店で樽生のみ展開している『アサヒ生ビール』の缶(350ml・500ml)を9月14日から全国で発売します。

 『アサヒ生ビール』は、1984年から1985年にかけて当社が実施した5,000人の嗜好調査において「苦くて重いビールから、のどごしのよいすっきりした味わいのビールへ」というお客さまの嗜好の変化を捉えた“コクがあってキレがある。さらにまろやかなうまみのある”ビールです。1986年(昭和61年)に発売し、翌年の「スーパードライ」のヒットの足掛かりとなりました。その後、当時の生産体制を「スーパードライ」に集中するために、1993年に缶は終売となったものの、その味わいは飲食店から愛され続け、樽生のみ継続して販売してきました。缶の発売についても、これまでお客様相談室やSNS上で復活を望む声が寄せられており、今回はご好評をいただいている中味は発売当時そのままに、パッケージを大きく変えて発売します。

引用元
https://www.asahibeer.co.jp/news/2021/0908_1.html

( ̄ー ̄) おしょぶ~が23歳の時か…(遠い目)




◆アサヒ生ビール(通称 マルエフ)の原材料・アルコール度数・カロリー・栄養成分・価格など…

アサヒ生ビール(通称 マルエフ)(オリジナル写真)

【原材料】
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))・ホップ・米・コーン・スターチ

【アルコール度数】
アルコール 4.5%

【栄養成分100mlあたり】
たんぱく質 0.1~0.5㌘
脂質 0㌘
糖質 3㌘
食塩相当 0~0.02㌘
カロリー 41㎉

【価格】
オープン価格ですが参考までにお伝えすると、本日(2021.11.25)楽天で調べましたらレギュラー缶24本売りで、1本あたり200円~で推移しておりました。

※マルエフは一次凄い品不足になりましたので、かなりプレミア価格(高い)の通販サイトもあるので、安全なサイトをお選び下さい。




◆アサヒ生ビール(通称 マルエフ)復活再発売レビュー!(感想)

アサヒ生ビール(通称 マルエフ)(オリジナル写真)

この古風?なデザインは狙いでしょうね^^
あと、缶を持った時の手触りが良いですね。細かな細工。

※ちょっとTwitter動画で商品の雰囲気だけでも見て頂きましょう。


Twitterもやっておりますので、良かったらフォローして下さいね^^

では、頂きます。うほ!

アサヒ生ビール(通称 マルエフ)復活再発売レビュー!(感想)

(*´▽`*) あ~若かりし、青臭い青年であったあの頃の味です(笑)。

上のコメントでは、味が解りませんよねww

丁度、昭和ビールの変貌期だったのかな…苦い!を中心にした旨さから~この「アサヒ生ビール」は、まろやか苦いの提案だった様に記憶しています。

本当は関係無いのだけど、当時生ビールはまろやか苦い・瓶ビールは苦みばしった旨さ…なんて勘違いイメージを持った時期がありました。

おいしいです!

確かに、飲食店では残っていましたが本当に一部で、ほぼアサヒスーパードライですから、これはこれで缶の発売嬉しいです。

( ̄ー ̄) 完全無欠のリピ決定!

※こちらから「アサヒ」の他の商品のレビューをお読み頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/asahi

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/