キリン

キリン「クラシックラガー」で昭和の旨さに浸る!^^

キリンクラシックラガーが注がれている

どうも、吞み助調理師おしょぶ~^^/です。
今回の記事では、キリン「クラシックラガー」のレビューをお送りします。

とうとう、この時が来ましたか!(笑)
キリン「クラッシックラガー」のレビューを書く時が…(大げさ~)

◆まず誤解を解いておきたい。ジョッキの出て来るビールだけが生ビールじゃないからね(笑)

キリンクラシックラガーの缶が転がっている

まぁ、このブログに遊びに来てくれる読者様には「釈迦に説法」かも知れませんが(笑)、現在日本で売られているビールはほとんど「生ビール」です。

しかし、飲食店で中ジョッキなどで出て来るのが「生ビール」で、瓶や缶は「生ビール」ではない!と思っている方がけっこう多いです。

ぶっちゃけ…

(*’ω’*)全て生ビールです。

生ビールとは、加熱殺菌をしていないビールの事で現在は「濾過」などの技術が発展して、加熱しなくても殺菌出来るので、ほとんど加熱殺菌ビールは姿を消しました。

なぜ、こんな話をするか?今回レポートするキリン「クラシックラガー」は、昔の味の感じを出すために、わざと「熱処理」をしているんです^^



◆キリン「クラシックラガー」

キリンクラシックラガーのイメージ公式サイトより

ここから書くことはわたしの想像で、合っているかどうかはわかりません。

わたしが若いころは、ビールと言えばキリンでした。後の3社…特にサントリーは話にならない状態でした。でも、サントリーのすごいところは、当時の経営者の佐治さんが「サントリービールの赤字は健全な赤字だ」と言ってのけたところですね。

それが、今のプレモルの快進撃を生んでいます。
ごめんなさい。話がそれましたが、当時はビールはキリン1強!…ただ、アサヒがスーパードライを出すことでビール界がひっくり返る将来が待っていようとは…

キリンラガーも時代の流れで、生ビールになりました。が…恐らくですが、ある一定数の消費者が「昔の方が美味しかった」と言う意見を挙げたと思います。

新商品になるときは、一時期このような消費者の動きは珍しくないですが、慣れて来て消費者の方も「うん。今の商品が美味しい」となるものですが…ラガーは生粋の「昔のラガー好き」がいるんでしょうね^^;

それで、昭和40年代当時の熱処理製法でつくり出した「クラシックラガー」が再び世に出たと、わたしは思っています。

その証拠?に、一定の支持を得て、まだ現役で商品ラインナップに加わっているわけですから…

【原材料】
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))・ホップ・米・コーン・スターチ

【アルコール度数】
アルコール4.5%

【カロリー(100mlあたり)】
エネルギー41㎉

【栄養成分】
タンパク質0.3g・脂質0g・炭水化物3.7g・食塩相当量0g



◆キリン「クラシックラガー」レビュー

キリンクラシックラガーが注がれている

パッケージデザイン良いですね~^^昭和そのもの(笑)。

キリンクラシックラガーが注がれている

見事なラガー色!ww

ではでは、頂きましょう。おしょぶ~実はクラッシックラガーが久しぶりで、楽しみで仕方がないのです。うほ!

キリンクラシックラガーを飲んでいる

(>_<)効く~おっさんの味ww

良いですね~この苦み・うまみ・コクの三拍子がそろった、この味。

これは、若い人にも飲んでほしい。今流行りのフルーティーとか、度数だけが高いガツン!とかとは又違う価値観の味。

よくファションでも、流行は繰り返すって言うけど、この味を好いてくれる若者は居ると思う。試しに飲んでみてね!^^

これは、おしょぶ~火がついちゃったので、リピします(笑)。

※こちらから「キリンビール」の全ての記事を読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/kirin

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/