サッポロ

サッポロ「ファイブスター 2022年版」レビュー!(感想)

サッポロ「ファイブスター 2022年版」レビュー!(感想)

どうも、呑み助調理師のおしょぶ~^^/です。

今回の記事では、サッポロ「ファイブスター 2022年版」を頂きましたので、商品情報とレビューをお送りします。

(#^.^#) 毎年発売されているワケではなく、「たまに発売される季節もの缶ビール」です。わたしの記憶が正しければ、前回は2018年だったと思います(間違っていたらごめんなさい)。

サッポロ「黒ラベル」はうまい!と玄人筋が言うビールです。
サッポロ「黒ラベル」はうまい!と玄人筋が言うビールです。2021.11.11 再編集 どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。 このブログスタート当初、まずレビューしたのが5大ビー...

◆サッポロ「ファイブスター 2022年版」ニュースリリース

サッポロ「ファイブスター 2022年版」レビュー!(感想)公式ニュースリリースより

サッポロビール(株)は、「サッポロファイブスター」の缶商品を8月2日に全国で数量限定発売します。

「サッポロファイブスター」は、1967年にプレミアムビールの先駆けとして誕生し、現在は北海道札幌市にある「サッポロビール園」(注1)だけでご提供している生ビールです。じっくりと丁寧に長期間熟成することによる濃醇で本格的なコクのある味わいが特長です。
缶には、サッポロビール園のロゴやモチーフをデザインし、また裏面には本商品の歴史のストーリーを記載しています。

当社は、強い個性と魅力ある歴史やストーリーをもっている強みを活かし、商品を通じてその「個性」と「物語」をお客様に伝えることで、ビールを選ぶ楽しさを提供していきます。

※引用元
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000014952/

サッポロ「ファイブスター 2022年版」レビュー!(感想)

上記の写真で、ニュースリリースで語られているストーリーが確認して頂けると思います。
実際に飲まれる前に、読んでみて思いを北海道に馳せながら飲むのも良いでしょう^^ふふ。



◆サッポロ「ファイブスター 2022年版」の原材料・アルコール度数・栄養成分・カロリー・価格など…

サッポロ「ファイブスター 2022年版」レビュー!(感想)

【原材料】
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、米、コーン、スターチ

【アルコール度数・カロリー】
アルコール 5.5%・エネルギー45k㌍(100mlあたり)

【成分(100mlあたり)】
たんぱく質0.4g・脂質0g・炭水化物3.4g・食塩相当量0g

【価格】
オープン価格ですが、参考までに本日(2022.08.10)楽天で調べたところ、レギュラー缶24缶売りで、1缶あたり195円~で推移しておりました。



◆サッポロ「ファイブスター 2022年版」レビュー!(感想)

サッポロ「ファイブスター 2022年版」レビュー!(感想)

個人的な感覚で言うと、もう少しパッケージデザインは何とかならなかったの?(笑)と思うが好みの問題でしょう^^

余談だが、今回は珍しくハンバーガーをパートナーにビールを頂きましたが、ビールとの相性も良く旨いですね!

では、頂きます。うほ!

サッポロ「ファイブスター 2022年版」レビュー!(感想)

(; ・`д・´) うまい!

正直、さっぱりダケの夏限定商品に飽きて来てたので(笑)、しっかりと旨味と香りがあるのが嬉しい。

喉を通って行く時に感じる「コク」感は正に「サッポロここにあり!」の商品です。

※実は上の写真はYouTube動画のワンカットで、だから「視聴者様…」なんて台詞が映っていますが、良ければハンバーガーとファイブスターの様子を観て下さいね↓

※こちらから「サントリー」の記事を全て読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/suntory

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/