サッポロ

エビス「フレンチピルス」頂きました。ちょっとサントリーを思わせるうまさ!^^

エビス「フレンチピルス」の外見

どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。
今回の記事では、サッポロ「フレンチピルス」のレビューをお送りします。

ジョエル・ロブションさん…おしょぶ~は申し訳ないけど、詳しく存じ上げませんがフランスの有名シェフで、2018年8月に亡くなられたそうで、このビールが最後の監修となりました。

◆エビス「フレンチピルス」

エビス「フレンチピルス」のイメージ公式サイトより

では、サッポロさんの説明を確認しましょう。

120年以上の歴史を持つヱビスと、フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏が手を組み造り上げた新感覚ピルスナー。限定醸造「ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス」は、ジョエル・ロブション氏生前最後のシリーズ監修となる商品です。

https://www.sapporobeer.jp/yebisu/frenchpils/

このビールの特徴を挙げておきましょう。

  • ジョエル・ロブション氏監修
  • 麦芽100%
  • シャンパーニュ産「淡色麦芽」
  • ネルソン・ソーヴィン種・シトラ種ホップ
  • 長期熟成

うん。さすが「エビス」と言う感じですね^^




◆エビス「フレンチピルス」の原材料・カロリー・栄養成分・アルコール度数・価格など…

エビス「フレンチピルス」の外見

【原材料】
麦芽(外国製造、国内製造)・ホップ

【アルコール度数】
アルコール度数 5.5%

【カロリー(100mlあたり)】
エネルギー 47㎉

【栄養成分(100mlあたり)】
たんぱく質 0.5㌘
脂質0㌘
糖質 3.7㌘
食物繊維0~0.2㌘
食塩相当量 0㌘

【価格】
オープン価格ですが、参考までにこの記事を書いている時点(2019.12.13)で、アマゾンで調べましたら、350mlレギュラー缶24本買いで、1本あたり219円(税込み)となっていました。



◆エビス「フレンチピルス」レビュー(感想)

エビス「フレンチピルス」を注いだ

うん。なんかヨーロピアンな感じと和風が交じり合ったパッケージデザインで、お洒落ですね。GLAMOROUS co.,ltd.(㈱グラマラス)森田恭通氏が監修のデザインだそうで、華やかで、今からパーティーが増えますからイイですね。

エビス「フレンチピルス」の色合い

ちょっとエビスにしては、薄い色合いですがキレイです^^

では、頂きましょう。うほ!

エビス「フレンチピルス」を飲む

(*´▽`*)サッポロだけどエビスだけど…サントリーっぽい美味しさ!ww

ちょっと、サッポロさんに対しての褒め言葉になっているか…微妙ですが(笑)、おしょぶ~のレポートは正直がモットーなので…

美味しいですけど、味がサントリー系していますね。それもプレミアムモルツ系ではなく、デフォルトのモルツ系の味です。

ちょっと、鼻の奥にツン!と来るようなアプローチで、爽やかに喉を通過して行きますね。でも、旨味は感じられますよ。

おっさんビールじゃないねww
正に、若い子がパーティーで飲むビールですね。美味しいのは美味しいですので、そっち系がお好きな方にはおすすめです。

おしょぶ~は、おっさんビールを飲んでおきますね(笑)。

※こちらからサッポロの全ての記事が読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/sapporo

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/