アサヒ

【2021年版】アサヒ「富士山」レビュー!実はプレミアムエールビールなんです。

【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」を飲む(オリジナル写真)

2021.04.09 再編集

どうも、吞み助調理師おしょぶ~^^/です。

今回の記事では、イオン限定「アサヒ 富士山」2021年版のレビューをお送りします。

わたしの記憶が正しければ、2019年から3年連続の限定醸造販売になります。と言う事は、好評と言う事でしょう^^ふふ。

いやいや、イオンのビールはバカに出来ませんからね。
第三のビール「バーリアル」・純正ビール「富良野生ビール」共に高コスパで素晴らしい商品です。

イオン トップバリュ「富良野生ビール」を飲むところ(オリジナル写真)
イオン トップバリュ「富良野生ビール」頂きました…安さと美味しさの両立に驚き!2021.05.05 再編集 どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。 今回の記事では、イオン トップバリュ「富良野生ビ...

◆【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」ニュースリリース

【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」の外見(オリジナル写真)

では、まずアサヒビールさんのニュースリリースをご確認頂きましょう。

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、国産原料100%のプレミアムエール『アサヒ富士山』を特別限定醸造し、全国のイオングループの酒取扱店において、4月6日から数量限定で発売します。

 『アサヒ富士山』は、国産麦芽、国産ホップ、富士山の伏流水で育った米だけを厳選して使用した、国産原料100%のジャパニーズプレミアムエールです。醸造工程で使用する酵母には、華やかな香りが特長の上面発酵酵母を採用し、まろやかな口あたりをお楽しみいただけます。厳選した国産原料の個性を最大限引き出し、“力強いコク”と“後キレの良い苦み”を実現することで、飲みごたえがありながらも飽きのこない味わいに仕上げました。

パッケージは、昨年発売した葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のデザインが好評だったことから本年も浮世絵を採用し、歌川広重の「東海道五拾三次之内 由井 薩埵嶺」をデザインしました。商品名である「富士山」を金色の文字で大きく配するとともに、“国産原料100%”と“日本のプレミアムエール”という文言を記載することで、商品の特長を訴求しています。

 本商品は、イオングループとの共同開発商品として、2019年4月と2020年7月に数量限定で発売しました。エールビールでありながらもすっきり飲みやすい味わいや特長のあるパッケージが好評をいただき、これまでの累計出荷本数は355万本となりました。本年も継続して発売することで、話題喚起とビール市場の活性化を図り、“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。

引用元
https://www.asahibeer.co.jp/news/2021/0405_1.html

(*’ω’*) イオン経済圏だけで355万本…売れてますね!
楽しみです。




◆【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」の原材料・アルコール度数・カロリー・栄養成分・価格など…

【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」の外見(オリジナル写真)

【原材料】
麦芽(大麦(国産))・ホップ・米

【アルコール度数】
アルコール5.5%

【カロリー(100mlあたり)】
エネルギー44㎉

【栄養成分(100mlあたり)】
たんぱく質0.3~0.7g・脂質0g・炭水化物2.8g・食塩相当0~0.02g

【価格】
アサヒビールさんのニュースリリースでは「オープン価格」と言う表現ですが、実質イオングループ限定ですので、価格のブレはほぼ無いと思います。

今回おしょぶ~は、イオンでレギュラー缶を1本206円税込みで購入しております。




◆【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」レビュー(感想)

【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」を飲む(オリジナル写真)

「浮世絵」的な富士山と海…和のテイストばりばりです^^ふふ

※ちょっとTwitter動画で商品の雰囲気だけでも見て頂きましょう。


Twitterもやっておりますので、良かったらフォローして下さいね^^

【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」を飲む(オリジナル写真)

(;゚Д゚) ラガーみたいな色ですね!

では、頂きます。

【2021年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」を飲む(オリジナル写真)

(*´▽`*)ありか無しなら「あり」~ww

アサヒさん、ごめんなさい。中途半端な褒め方で…苦笑。

エールなのに「おっさんビールの香り(笑)」

上面発酵と言うもののそこまでフルーティーさが伝わってこないものの、ふつーにはおいしいビールです。

エールと言われないとエールと分からない…どちらかと言うと「昭和系」

数量限定なので、話題に一回は飲みたいところですが、これがこのままレギュラー商品になるなら、(*‘ω‘ *)買わない。(正直すぎるやろ~ww)

※こちらから「アサヒビール」の記事を全て読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/asahi

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/