アサヒ

【2020年版】アサヒ「富士山」はイオングループのみの数量限定販売です!

アサヒ「富士山」を飲むところ(オリジナル写真)

2019.05.03
2020.07.25 再編集

どうも、吞み助調理師おしょぶ~^^/です。

今回の記事では、昨年(2019)に引き続き、今年(2020)も発売されましたイオン限定「アサヒ 富士山」のレビューをお送りします。

◆【2020年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」のニュースリリース

アサヒ「富士山」の外見(オリジナル写真)

では、まずアサヒビールさんのニュースリリースをご確認頂きましょう。

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、国産原料100%のプレミアムエール『アサヒ富士山』(缶350ml)を特別限定醸造し、全国のイオングループの酒取扱店において、7月21日(火)より発売します。

 『アサヒ富士山』は、国産麦芽、国産ホップ、富士山の伏流水で育った米だけを厳選して使用した、国産原料100%のジャパニーズプレミアムエールです。醸造工程で使用する酵母には、華やかな香りが特長の上面発酵酵母を採用し、まろやかな口あたりをお楽しみいただけます。厳選した国産原料の個性を最大限引き出し、“力強いコク”と“後キレの良い苦み”を実現することで、飲みごたえがありながらも飽きのこない味わいに仕上げました。

パッケージは、葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のデザインをベースに、商品特長である“国産原料100%”と“富士山の伏流水で育った米使用”という文言を記載しました。

新型コロナウイルス感染拡大が長期化するなか、一部店舗では「頑張ろう日本!」という文言を記載したPOPを展開するなど、私たちを支えてくれている方々への感謝と応援の思いをお届けします。

 本商品は、イオングループとの共同開発商品として2019年4月に数量限定で発売しました。ご好評いただいた中味はそのままにパッケージを新たに刷新して発売することで、ビール市場の活性化を図ります。

国産原料100%拘ったエールと言う事で…ニュースリリースにも書いていますが、今回は中身は昨年と同じで、パッケージ替え商品になります。

あとで昨年のパッケージも写真で見て頂きますが、思い切って変えて来ています(笑)。



◆【2020年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」の原材料・アルコール度数・カロリー・栄養成分・価格など…

アサヒ「富士山」の外見(オリジナル写真)

【原材料】
麦芽(大麦(国産))・ホップ・米

【アルコール度数】
アルコール5.5%

【カロリー(100mlあたり)】
エネルギー44㎉

【栄養成分(100mlあたり)】
たんぱく質0.3~0.7g・脂質0g・炭水化物3.2g・食塩相当0~0.02g

【価格】
アサヒビールさんのニュースリリースでは「オープン価格」と言う表現ですが、実質イオングループ限定ですので、価格のブレはほぼ無いと思います。

今回は参考に「イオン」「イオンスタイル」での販売価格例を載せておきます。

  • 350ml1缶 本体価格  198円+税
  • 350ml6缶パック  本体価格1,138円+税




◆【2020年版】イオングループ限定 アサヒ「富士山」レビュー(感想)

アサヒ「富士山」を飲むところ(オリジナル写真)

※上でお約束しましたので、昨年のパッケージデザインを見て頂く為に古い写真を引っ張り出して来ました(笑)。2019年のアサヒ「富士山」です↓

イオン限定「アサヒ 富士山」

うん。昨年とは色使いが全然違いますね。ライトのブルーが映えてちょっと解りにくいですが、今年のカラーは肌色がバックです。

それに「浮世絵」的な富士山と波…和のテイストばりばりです^^ふふ

では、頂きます!

アサヒ「富士山」を飲むところ(オリジナル写真)

(*´▽`*)ハッキリしない味~ww

アサヒさん、ごめんなさい。僕はアサヒビールのファンですがウソはつけません。決して、悪くはないのですが、なんか「ぼやっ」とした味ですね。

「キレ」でもなく「コク」でもなく、上面発酵と言うもののそこまでフルーティーでもない。全てをソコソコ合格点にしようとしたら、全体として点数が下がっちゃった(てへぺろ)みたいな味です。伝わりました?(笑)

数量限定なので、話題に一回は飲みたいところですが、これがこのままレギュラー商品になるなら、(*‘ω‘ *)買わない。(正直すぎるやろ~ww)

※こちらから「アサヒビール」の記事を全て読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/asahi

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/