ビールレビュー

【黄桜ビール】京都麦酒 ゴールドエール・レビュー!ちょっとあっさりし過ぎかな~^^;

京都麦酒 ゴールドエールを注いだところ

どうも、吞み助調理師おしょぶ~^^/です。
今回の記事では、【黄桜ビール】京都麦酒 ゴールドエールのレビューをお送りします。

黄桜さんのビール部門、京都麦酒シリーズですね。他にラッキードッグを初めとした、ラッキーシリーズもあるんですよ^^
最近ですと、【黄桜ビール】京都麦酒 ブラウンエールがとても美味しくてびっくりしました。本業がビールの会社もうかうかしておれませんね^^

京都麦酒ブラウンエールを注いだところ
【黄桜ビール】京都麦酒ブラウンエールがかなりうまい件^^どうも、吞み助調理師おしょぶ~^^/です。 今回の記事では、【黄桜ビール】京都麦酒ブラウンエールのレビューをお送りします。 初め...

◆【黄桜ビール】京都麦酒 ゴールドエールの特徴・原材料・アルコール度数など

京都麦酒 ゴールドエールの缶が横たわっている

先ずは、黄桜さんの公式のコメントをご確認頂きましょう。

京都麦酒は、1995年京都で初めての地ビールとして誕生しました。清酒メーカーが作る地ビールとして清酒製造技術を生かして醸造しています。その1つである「ゴールドエール」は、お酒の仕込みに使われる名水「伏水」を使い、清酒酵母を使用することで吟醸酒の香りがほのかに香る、黄金色したまろやかな缶ビールです。

http://kizakura.co.jp/ja/prod_data/info.php?type=items3&id=IC000095

前回飲んだブラウンエールと違うのは、「清酒酵母」を使用しているところでしょうね。
黄桜さん曰くの、味の特徴は「味わい(香り:やや高・苦味:中・コク:中)」と言う事です。

【原材料】
麦芽・ホップ

【アルコール度数】
アルコール4%

うん。この「清酒酵母」が味にどう出ているか?楽しみです。



◆【黄桜ビール】京都麦酒 ゴールドエール・レビュー

京都麦酒 ゴールドエールを注いだところ

パッケージはブラントエールと同じく落ち着いた、京都らしいデザインです。色も深い緑でいいかな?派手さは無いけど良いですね。

京都麦酒 ゴールドエールを注いだところ

ちょっと濁ったような色合いで、エールを感じさせますが、さすがにこの段階で「吟醸酒」の香りはないですね(笑)。気になるのは、泡の崩れが早い事…

グラスはちゃんと洗っていますので、そのせいではありませんよ^^(念のため)。
まぁ、たまたまかも知れません。(次のカットでは泡をつくり直しました(笑))

では、頂いてみましょう!

京都麦酒 ゴールドエールを飲むところ

(*’ω’*)なんか足りない~

うん。正直な感想です。ブラウンエールがあまりにも美味しすぎた(おしょぶ~の口に合った)こともあり、かなりガックリです。

スッキリと言えばそうなんですが、それだけでうま味・コクが感じられないですね。吟醸酒の香りは全くわかりません!(笑)

これは、わたしの舌が音痴なのかも知れませんが、飲むのは素人ですからビール醸造のプロが本当の意味で「ほのかに香る」では、一般消費者でわかる人は少ないでしょうね。(いいわけ~w)

結論として、京都麦酒なら今のところ「ブラウンエール」をおすすめします!

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/