ビールレビュー

ドイツNO1ビール「クロンバッハ ピルス」…イオンが取り扱い開始。レビュー!

「クロンバッハ ピルス」レビュー(感想)

どうも、呑み助調理師のおしょぶ~^^/です。

今回の記事では、このブログ初登場ドイツNO1ビール「クロンバッハ ピルス」のレビューをお送りします。イオンが取り扱いを始めて身近になります…

ハイネケンを飲む(オリジナル写真)
【ハイネケン】ヨーロッパNO1ビールは伊達じゃない!日本人の味覚にも合うと思います。2021.04.17 再編集 どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。 今回の記事では、「ハイネケン」のレビューをお送りしま...

◆ドイツNO1ビール「クロンバッハ ピルス」…イオンが取り扱い開始

「クロンバッハ ピルス」レビュー(感想)




●ドイツNO1ビール「クロンバッハ ピルス」…イオンが取り扱い開始のニュースリリース

それでは、イオンさんのニュースリリースをご確認頂きましょう。

イオンリテールとイオンリカーは12月3日(金)より、「イオン」「イオンスタイル」「イオンリカー」約400店舗※1と、「AEON de WINE(イオンでワイン)」にて、ドイツ国内でNo.1の出荷量を誇る「クロンバッハ ピルス」の販売を開始します。
家飲み需要が高まるにつれ「いつもと違うもの」「ちょっと贅沢なものが飲みたい」など、お客さまの嗜好が多様化するなか、ビールの本場ドイツで親しまれているビールを直輸入し、お求めやすい価格で提供します。

※引用元
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003010.000007505.html

(*’ω’*) ありがたいな~実は「クロンバッハ ピルス」は日本に入って来た時の価格がすごく髙かったんですよ。

今でも、「クロンバッハ ピルス」日本公式サイトに載っている価格は…
¥1,200/300ml、¥1,500/500ml、¥2,500/1ℓ
※引用サイト
https://www.oktober-fest.jp/menu_drink/002785.html

(*’ω’*) こんなの飲めないよね~(笑) さすがに今の実勢価格はこんなに高くないですが…
今回イオンでは、330ml 1缶 / 本体178円(税込195.80円)です。

●ドイツNO1ビール「クロンバッハ ピルス」とは

「クロンバッハ ピルス」レビュー(感想)

1803年に創業した「クロンバッハ」は、ドイツではブランド別ビール生産量国内最大規模とされ、世界最古の食品法といわれる「ビール純粋令」を厳格に守り、麦芽・ホップ・酵母・水のみを原料とした本格的ビールと言われています。

(#^^#) 読むだけで飲みたくなりますね。何やらドイツビールの中でも、かなり日本人の好みに合ったビールらしい…

  • 規格 330mlレギュラー缶
  • アルコール 4度以上5度未満
  • 原材料 麦芽・ホップ




●ドイツNO1ビール「クロンバッハ ピルス」レビュー!(感想)

「クロンバッハ ピルス」レビュー(感想)

(#^^#)やっぱり、パッケージデザインが日本のそれとは一味違いますね。

※ちょっとTwitter動画で、雰囲気だけでも観て頂きましょう。


witterもやっておりますので、良かったらフォローして下さいね^^

改めて映像を観ると、なるほど外国ビールの色合いですね。
では、頂きます。うほ!

「クロンバッハ ピルス」レビュー(感想)

(*´▽`*) アリ~ww

ちょっとライトな感じは否めませんが、薄いと言うより「清い」と言うライトさで、すーっと喉を気持ちよく通過します。うま味は…まぁまぁ(笑)

(*’ω’*) なるほどな…日本人がイケる方の軽い口当たりで、メインビールには出来ないが(これこれ(笑))レパートリーの1つなら、十分ありですね。

※こちらから「外国ビール」の記事を全て読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/foreign-beer

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/