サッポロ

サッポロ「麦とホップ」リニューアル…残念だが前の方が美味しかった!

サッポロ「麦とホップ」リニューアルを注いだ

どうも、呑み助調理師おしょぶ~^^/です。
今回の記事では、サッポロのリニューアルされた「麦とホップ」を頂きましたので、商品情報と実際に飲んでみてのレビューをお伝えします。

もう記事タイトルに、おしょぶ~の評価を書いてしまっています(笑)。実は、いままで「麦とホップ」が第三のビールで一番美味しいのでは?…ぐらいの勢いで高評価だったのですが…

麦とホップを飲むところ(オリジナル写真)
サッポロ 新「麦とホップ」美味しい!かなり純正ビールに近いと思います。2020.04.20に再編集しました。 どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。 この記事では、サッポロ新「麦とホップ」のレ...

◆サッポロ「麦とホップ」リニューアルについてのプレスリリース

サッポロ「麦とホップ」リニューアルのイメージ公式プレスリリースより

この商品は、発売前にサッポロビールさんより、公式のプレスリリースが出ておりますので、ご確認頂きましょう。

サッポロビール(株)は、「サッポロ 麦とホップ」の中味、パッケージをリニューアルし、8月27日に全国発売します。
節約志向が高まる中、低価格でも本格的な味わいを求めているというニーズが根強くあると同時に、新ジャンルユーザーはビールに近い味わいを求めています。(注1)
麦とホップだけ(注2)でつくる素材への徹底したこだわりや長期熟成に加え、当社の新ジャンルで初めてビールの伝統的な仕込方法である1回煮沸法(注3)を採用しました。この製法を採用するために、3年以上の研究・試験を重ねた結果、麦本来のうまみはそのままに、大麦由来の雑味を低減し、飲み飽きないビールらしいうまさを実現しました。
パッケージは、びんビールのラベルを想起されるデザインに一新し、「SAPPORO」を大きく表示することでビールらしさ表現しました。
発売以来、「本当においしいものを届けたい。」そんな想いでビールに近い味わいを目指し続け、リニューアルを通じて実現した「サッポロ 麦とホップ」。より多くのお客様に楽しんでいただけることを願うとともに、新ジャンル市場の活性化を図っていきます。

https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000011275/

(*’ω’*) 何やら、新しい製法も完成して、自信の一品らしいですね。麦だけを使うコンセプトは、すごく良いと思います。



◆サッポロの新しい「麦とホップ」の原材料・アルコール度数・カロリー・栄養成分・価格など…

サッポロ「麦とホップ」リニューアル品の外見

【原材料】
発泡酒(国内製造)(麦芽・ホップ・大麦)、スピリッツ(大麦)

【アルコール度数】
アルコール度数 5%

【カロリー(100mlあたり)】
エネルギー 45㎉

【栄養成分(100mlあたり)】
たんぱく質 0.4㌘
脂質0㌘
糖質 3.5㌘
食物繊維 0~0.2㌘
食塩相当量 0~0.02㌘

【価格】
オープン価格ですが、参考までに本日(2019.09.04)価格ドットコムで調べたところ、レギュラー缶24本売りで、1本あたり96円(税込み)+送料が最安値でした。



◆サッポロの新しい「麦とホップ」レビュー(不味い…ごめんね)

サッポロ「麦とホップ」リニューアルを注いだ

このパッケージの色合い、前作に比べちょっと暗い感じします。

サッポロ「麦とホップ」リニューアルの色合い

うん。色合いは全く問題ありません。美味しそうです^^

では、頂きます!

サッポロ「麦とホップ」リニューアルを飲むところ

(*´▽`*) う~ん…不味い

笑顔で昔の青汁みたいなコメントをしてしまいました(苦笑)。

あのね、一言で言うと「味気ない」です。風味・コク・喉ごし・フレーバー…どれをとっても前作より落ちています。

サッポロさんは前作より純正ビールに近くなった…と言う立ち位置ですが、わたしの感想は純正ビールに向かって進んだけど、迷子になっちゃったみたいな味です。

素直に「前作に戻してほしい」
(*’ω’*) リピ、ございません。

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/