ビールレビュー

チェコからやって来た苦い奴「ピルスナーウルケル」がうまい!

ピルスナーウルケル(オリジナル写真)

どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。
今回の記事では、「ピルスナーウルケル」のレビューをお送りします。

バドワイザーやハイネケン、あるいはギネスビール程の知名度は正直言ってありませんが、苦いビール党の方にはおすすめのビールです^^ふふ。

また、輸入・販売を手掛けているのがアサヒビール株式会社(2021年6月現在)なのも、消費者にとっては安心して飲める材料になるのではないでしょうか。

ハイネケンを飲む(オリジナル写真)
【ハイネケン】ヨーロッパNO1ビールは伊達じゃない!日本人の味覚にも合うと思います。2021.04.17 再編集 どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。 今回の記事では、「ハイネケン」のレビューをお送りしま...

◆ピルスナーウルケル

ピルスナーウルケル(オリジナル写真)

名前の通り、ピルスナービールです。
ビールは大きくラガーとエールに分かれます。

そのラガーの中でも、スタイルで幾つかに分かれますが、その一つがピルスナーでラガーの中ではほとんどがピルスナーで、日本のビールもほとんどピルスナーです。

要はラガー酵母をつかって、下面発酵されるビアスタイルと言う事になるので、一般消費者はラガーと言う理解で何の問題もありません。

さて、ピルスナーウルケルの特徴は何と言っても、ピルスナーの元祖と言う事です。

ピルスナーウルケル(オリジナル写真)

ぜひ、缶に書いてある「ピルスナーウルケルのストーリー」を読んで頂いて、思いを馳せながら飲むと良いですよ^^ふふ。

当時の蒸留所のまま・当時の製法まま・チェコの原料を使っているのも魅力の一つですね。
そして、麦芽とホップだけのプレミアムビールである事も付け加えておきます。




◆ピルスナーウルケルの原材料・アルコール度数・カロリー・栄養成分・価格など…

ピルスナーウルケル(オリジナル写真)

【原材料】
麦芽・ホップ

【アルコール度数】
アルコール4%以上5%未満

【カロリー・栄養成分(100mlあたり)】
エネルギー45㎉・たんぱく質0.5g・脂質0g
炭水化物4.6g・食塩相当0g

【価格】
オープン価格ですが、参考までにお伝えすると本日(2021.06.13)楽天で調べ直した時点では、330ml缶24本売りで1本あたり295円~で推移しております。



◆ピルスナーウルケル レビュー(感想)

ピルスナーウルケル(オリジナル写真)

(#^.^#) このステイオンタブの色がカッコイイですよ。

※ちょっとTwitter動画で商品の雰囲気だけでも見て頂きましょう。


Twitterもやっておりますので、良かったらフォローして下さいね^^

ピルスナーウルケル(オリジナル写真)

色合いは、気持ち濃い目ですね。

では、頂きます。うほ!

ピルスナーウルケル(オリジナル写真)

(*´▽`*) にがーい!ww

IPA以外では、久しぶりに苦いビールに出会いました^^ふふ。

アサヒビールさんの説明では、「苦味、甘味、香りが絶妙なバランスで調和された味わい」となっておりますが、おしょぶ~の味覚では「苦み」のアピールがかなり強いと感じました。

別に平均している事が「絶妙なバランス」と言う事ではないですから、この強い苦みの中でも絶妙なバランスで、甘味・香りが織りなす魅力的な味と言う理解です^^

おしょぶ~の様に、苦み党の方にはおすすめです。

( ̄ー ̄) リピ決定!

※こちらから「外国ビール」の記事を全て読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/foreign-beer

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/