キリン

新しくなったキリン「淡麗極上<生>」は、まるで純正ビールのうまさ!^^

キリン「淡麗極上<生>」を注いだ(オリジナル写真)

どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。
今回の記事では、リニューアルして新しくなった、キリン「淡麗極上<生>」のレビューをお伝えします。

3月から徐々に切り替わるのは知っていたのですが、なぜか中々出会えなかった(笑)。
4月にやっと出会えて、記事が5月になってしまいました^^;(言い訳~ww)

◆キリン「淡麗極上<生>」ニュースリリース

キリン「淡麗極上<生>」のイメージ公式サイトより

今回のキリン「淡麗極上<生>」のリニューアルについては、先だってキリンさんから公式ニュースリリースが出ておりましたので、ご確認頂きましょう。

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、発泡酒商品「淡麗極上〈生〉」の中味とパッケージを5年ぶりにフルリニューアルして、3月上旬製造品から順次切り替えます。
「淡麗極上〈生〉」は、1998年の発売以来、発泡酒市場を牽引してきたブランドです。今回のフルリニューアルでは、原材料・工程を全て見直すことで、「淡麗極上〈生〉」の特長である“力強い飲みごたえ”と“爽快なキレ”を進化させるとともに、飲みやすさも両立したバランスの取れた味わいを実現しました。

引用元
https://www.kirin.co.jp/company/news/2020/0108_04.html#_ga=2.36293544.964407822.1588727524-1033795804.1584772748

(#^.^#)ほ~実に5年ぶりのリニューアルですか。これは楽しみですね。中身を見て行きましょう。

  • 中味
    淡麗なうまさと、きりっと引き締まったのどごし、飲みごたえがありながら、爽快でキレのある後味

    • 原材料・工程を全て見直し、ビールに近い飲みごたえは維持しながら爽快感を向上させました。
    • コーングリッツ※を増量することで飲みごたえを高めるとともに、トップと後味との味の落差でキレ感を高め、飲みやすさを両立したバランスのとれた味わいを実現しました。
      • とうもろこしの粒を乾燥して砕いたもの
  • パッケージ
    「爽快なうまさ」×「力強い飲みごたえ」が直感的に感じられる本格的なデザイン

    • 「聖獣麒麟」を大きくして視認性を高め、本格感を強化しました。
    • 「極上〈生〉」の文字を大きくし、「淡麗」の文字と近づけることで、ブランドロゴとしての一体感を高めて、視認性を強化させました。
    • より本格感・品質感を感じられるような、金の色味に変更しました。
  • 広告・プロモーション
    • 「『淡麗極上〈生〉』が新しくおいしくなった」というニュースを、オウンドメディアやSNSを通じて発信していきます。

※ニュースリリース参考に書き起こし
うん。5年ぶりと言う事で、キリンさんの気合を感じますね^^ふふ。




◆キリン「淡麗極上<生>」の原材料・アルコール度数・カロリー・栄養成分・値段など…

キリン「淡麗極上<生>」の外見

【原材料】
麦芽・ホップ・大麦・コーン・糖類(国内製造)

【アルコール度数】
アルコール5.5%

【カロリー(100mlあたり)】
エネルギー45㎉

【栄養成分(100mlあたり)】
たんぱく質0.2g・脂質0g・炭水化物3.3g・食塩相当0g

【価格】
オープン価格



◆キリン「淡麗極上<生>」レビュー(感想)

キリン「淡麗極上<生>」を注いだ(オリジナル写真)

うん。パッケージも5年ぶりに刷新と言う事ですが、「新」のマークは別としてあまり大きな変化は感じませんね。でも、この感じ安定感あって好きです。

キリン「淡麗極上<生>」の色合い(オリジナル写真)

うんうん…色は、ビールの色と全く変わりませんね^^ふふ。

では、頂いてみましょう。うほ!

キリン「淡麗極上<生>」を飲む(オリジナル写真)

(*´▽`*) もう、ビールそのもの!ww

うまいですね~実は、淡麗極上を飲んだのは、本当に久しぶりですので、前の淡麗極上と比べて「どうのこうの」は記憶にないので(笑)、言えませんがとにかく純正ビールそのものですね。

第三のビールだと、発泡酒+スピリッツになるので、純正ビールに比べると味がおしょぶ~の味覚で言うと「キン!」と、尖る感じがどうしてもあるんです。

その点、発泡酒は正に純正ビールで、今回リニューアルされたキリン「淡麗極上<生>」は、レベルが高いと思います(ベタ褒め(笑))。

※こちらから「キリンビール」の全ての記事を全て読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/kirin

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/