アサヒ

アサヒ「ザ・リッチ」CMが語るプレミアムビールの旨さを目指した新ジャンルは本当か!?

アサヒ「ザ・リッチ」の外見

どうも、吞み助調理師おしょぶ~^^/です。
今回の記事では、アサヒ「ザ・リッチ」のレビューをお送りします。

この、アサヒ「ザ・リッチ」は2020年3月17日からの新製品ですが、ラッキーにも帰宅途中のスーパーに早めに並べられていたので、フライングゲットしました^^ふふ。

◆アサヒ「ザ・リッチ」はプレミアムビールの旨さを目指した新ジャンル!

アサヒ「ザ・リッチ」のイメージアサヒ「ザ・リッチ」公式ニュースリリースより

(*’ω’*) うん。アサヒさんも大きく出ましたね。第三のビールの制約を受けながら、プレミアムビールの旨さを実現しようとは…

さて、そのイメージをCMで観て頂きましょう。

●アサヒ「ザ・リッチ」のCM

演じているのは、竹野内豊さんです。二枚目ですが、若干「三の線」を出すのが上手い役者さんですよね^^

うん。男前ですね…悔しいけど、同じ世代の中高年とは思えませんね。しかし、あの立食パーティー風の現実に戻るところとか、やはりコミカルを混ぜて来ましたね。

さて、ポイントは「プレミアムビールの旨さを目指した」と言うところで、キャッチにはプレミアムビールの旨さを作るのに成功したとは言っていません(笑)。

おしょぶ~は「しがないおっさん」ですが、結果は別として「社長を目指した」とは言っても言いワケで…ww

プレミアムビールの旨さをを目指して、どうなったかは?飲んで確かめろ!と言うワケですね^^ふふ。

●アサヒ「ザ・リッチ」のニュースリリース

この商品は、サッポロさんから公式プレスリリースが出ていますので、ご確認頂きましょう。

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、新ジャンルカテゴリーの新商品として『アサヒ ザ・リッチ』を、3月17日(火)から全国で発売します。近年新ジャンル市場で関心の高まる「コク・あじわい」嗜好を求めるお客様のニーズにお応えする商品を発売し、新ジャンルの飲用価値向上を図ります。
『アサヒ ザ・リッチ』は、“プレミアムビールのような上質さ、贅沢感”を目指して開発した新ジャンルです。原材料は、麦を贅沢に使用し、当社新ジャンル商品として最大級の原麦汁エキス濃度にすることで、コク深い味わいを実現しました。チェコ・ザーツ産の最高級ファインアロマホップを一部使用し、爽やかな香りで食事に合わせやすいバランスのとれた味わいに仕上げています。
醸造の仕込み工程では、アサヒビールとして初めて「微煮沸製法」を採用しました。従来の伝統的なビール類醸造では、殺菌等のために仕込み工程で1時間以上蒸気を注入し続け、約100℃の温度で煮沸を行うことが一般的です。但し、この手法では挽きたての麦芽由来の力強く芳醇な麦の香りが低減されるという課題がありました。今回は、煮沸に使用する蒸気の注入時間を可能な限り低減させる「微煮沸製法」を活用し、煮沸開始時と終了時の合計数分程度だけ蒸気を注入しています。煮沸中の温度は約100℃に維持したまま、蒸気の注入時間を分単位で制御管理することで、十分な殺菌と麦の芳醇な香りの担保を両立しました。従来にないコク深い風味をお楽しみいただけます。

引用元/https://www.asahibeer.co.jp/news/2020/0205_2.html

うん。今回はどうやら「赤字」に塗らせて頂いた箇所…微煮沸製法に秘密があるようですね。楽しみです。




◆アサヒ「ザ・リッチ」の原材料・アルコール度数・カロリー・栄養成分・値段など…

アサヒ「ザ・リッチ」の外見

【原材料】
発泡酒(国内製造)(麦芽・ホップ・大麦・米・コーン・スターチ)スピリッツ(大麦)

【アルコール度数】
アルコール6%

【カロリー(100mlあたり)】
エネルギー50㎉

【栄養成分(100mlあたり)】
たんぱく質0.3g・脂質0g・炭水化物3.5g・食塩相当0~0.03g

【価格】
オープン価格ですが、参考までに書きますと、今回はスーパーで105円(税込み)で購入しております。(*’ω’*) お手軽ですね。



◆アサヒ「ザ・リッチ」レビュー(感想)

アサヒ「ザ・リッチ」を注いだ

この、パッケージの濃紺をベースにしたカラー・気品あるデザイン!うん、良いと思います。まさに、リッチ^^ふふ。

アサヒ「ザ・リッチ」の色合い

あ~このほんのり濃いめ…良いですね。

では頂きます。うほ!

アサヒ「ザ・リッチ」を飲む

(*´▽`*) 惜しい!あと一歩、ゴールドスターに及ばず…

いやいや、よく出来てる。さすがアサヒで、スーパードライのスキッとした喉ごし感はあるし、口当たりもシャープなんですが「旨味」が…(笑)

風呂上がりは美味しいけど、寝る前に音楽を聴きながら飲むビール系ではないね。CMでプレミアムを目指したって言葉が無かったら、全然アリだけど…そう言うならもう一歩。

最近で、おしょぶ~が一番評価している新ジャンルは、サッポロ「ゴールドスター」なのですが、惜しいけど一歩届かず。

でも、リピは問題なくしますね。おしょぶ~の観測範囲だと、ゴールドスターは115円・ザ・リッチは105円で分があるし、風呂上がりはザ・リッチで映画を観ながらゴールドスターってのもありだね^^ふふ。

そして、お小遣いが厳しい時はバーリアル!(笑)

※こちらから「アサヒビール」の記事を全て読んで頂けます↓

https://cooks-beer.com/category/beer-reviews/asahi

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/