ビールレビュー

銀河高原ビール「小麦のビール」頂きました!^^

wheat-beer

どうも、吞み助調理師のおしょぶ~^^/です。
今回の記事では、銀河高原ビール「小麦のビール」を飲みましたので、レビューをお伝えします。

このビールの缶には、2分の1注いでから缶を軽く振って、残りを注いでくれと書いています。
wheat-beerにごりビールであると…「にごりビール」って初めて聞きましたね~^^楽しみです。うほ!

◆銀河高原ビール「小麦のビール」

wheat-beer公式サイトより

岩手県和賀群にあるビールメーカー、「株式会社銀河高原ビール」が作るビールラインナップの一つです。このブログでは、地ビールカテゴリーで扱います。

「小麦のビール」は、南ドイツ伝統の「ヴァイツェン」という種類のレシピを元に日本でアレンジした商品で、「小麦麦芽」と「大麦麦芽」をブレンドして作られたビールです。
小麦麦芽を使用することにより、麦の香りや味わいがまろやかに感じられ、また泡持ちがよく、独特のこんもりとした甘い泡を楽しんでいただけます。ヨーロッパでは、「ヴァイツェン」ビールは「貴族のビール」とも呼ばれる贅沢なビールなのです。
ビール酵母入り、天然水仕立て、厳選された麦芽とホップにこだわり、副原料も使わない製法がおいしさの秘密です。

http://www.gingakogenbeer.com/komugibeer/concept/

この銀河高原のビールって、熱殺菌もろ過もしないので生きている酵母のビールなんて呼ばれています。まぁ、熱殺菌はいましているメーカーは少ないと思いますが…

  • ドイツ産麦芽100%使用
  • ドイツ産マルチファインアロマホップをメインに使用
  • 岩手県和賀岳の伏流水をくみ上げて使用しています

小麦のビール…(*´▽`*)楽しみww

◆銀河高原ビール「小麦のビール」アルコール度数など製品概要

wheat-beer公式サイトより

2017年アジアビアカップ(ヴァイスビア部門)金賞受賞!

( ゚Д゚)おお!知らなかった~ww

【原材料】
麦芽100%、ホップ、酵母

【ビールタイプ】
ヘーフェヴァイツェン

【アルコール度数】
アルコール5%

【小売り希望価格】
350mlレギュラー缶で267円(税別)

◆銀河高原ビール「小麦のビール」レビュー

wheat-beerなんか冬を思わせるデザインですが、季節で変わるのかな?夏にこれだとどうだろう…(余計な心配(笑))

wheat-beerうん。説明通り注ぎましたが、確かに濁っていますね。
(*‘ω‘ *)へ~

では、頂きます!

wheat-beer(*´▽`*)香りの個性ハンパなし!

しかも、わたしの味覚では、2段階で香りが混ざる味ですね。これね~ハッキリ言って、好き嫌いがスパっ!と分かれると思う。

普段から色んな地ビールを楽しんでいる人は、この個性は上手く拾えると思いますが、ほぼ100%に近い感じでメジャーメーカーのビールを飲んでいる方には、とっつきにくい味ですね。

ちょい、渋みと苦みの間みたいな味に、独特の香りがついて来る感じ…
おしょぶ~は、まずまず評価かな?先日飲んだ、よなよなエールの方が合っているかも…(元も子もない発言)

でも、これハマる人はすごくハマる味とみました^^ぜひ、一度はお試しください。

では、今回はここで失礼します。
See you again^^/